妊活の時に産み分けの本を偶然本屋さんで

妊活の時に、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたというわけです。
妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。
妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。
受胎時からお腹の中の赤ちゃんは細胞分裂を初めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があるといわれています。
そのため、葉酸が欠乏してしまうと、たとえば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。受胎時から初まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、ご飯で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、葉酸を補給することを厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、沿うした指導がされるようになっています。
葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんに悪影響が無いように、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することがポイントです。今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
たとえば、妊娠前から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。
野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのはかなり骨が折れ沿うだな、と思いました。手軽に摂るなら、サプリを服用するのが良い方法だ沿うです。調べてみるとさまざまな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活をがんばっていきたいです。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が勧告しているのです。
たとえば葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用しているケースも少なくありません。
ナカナカ妊娠できない体質から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも大切だと思います。
精子や卵子は、お父さん・ママの栄養をベースにして作られるのですから、乱れた食習慣をつづけていては妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望めません。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、バランス良く健康的な食習慣を大事にしていくといいでしょう。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段のご飯だけでは不十分になりがちです。
ですから葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番良いですね。
では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。通常のご飯で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。
逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的にはたらかないだけでなく、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時での摂取はおススメしません。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊に繋がる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。早く赤ちゃんを望む周囲の期待や当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに高じてくるというパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

コメントは停止中です。